Top >  地球温暖化とは >  地球にやさしい新材料

地球にやさしい新材料

地球の温暖化が日増しに深刻になりつつあり、ゴミの処理法や、資源の利用方法をはじめとするいろいろな対策が出ているなかで、いまでは地球にやさしい新材料の開発も進められています。
そのなかでも地球温暖化に多大な影響を与えるゴミの処理に関連した新材料の開発が進んでいます。
なぜならば、私たちが日常的に使っているプラスチックは、燃やすことで二酸化炭素や、ダイオキシンなどの有害物質を排出するのです。これらの物質は地球の温暖化を促進する材料となります。
しかし、プラスチックから有害物質を排出させないために埋め立てる場合にはかなり広い土地が必要となりますので、プラスチックに変わる新材料の開発が急速に進められているのです。
そのなかでも生分解プラスチックというものがあります。
この生分解プラスチックというのは、従来のプラスチックと同じ使い道がありますが、いらなくなったときに燃やさずに土の中に廃棄することができるのです。

 <  前の記事 オゾン層を破壊するフロンガスとは  |  トップページ  |  次の記事 生分解プラスチックとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6707

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。