Top >  地球温暖化とは >  なぜ、異常気象が発生するのか

なぜ、異常気象が発生するのか

地球の温暖化がもとで発生するのが異常気象といわれている現象です。
地球が暖かくなっていくと、さまざまな思わぬ影響を及ぼすのです。
気温の上昇はもちろん、生態系に異常が生じて、さらに気候もおかしくなっていくのです。
異常気象とは何かといいますと、大型の台風や洪水、旱ばつなどを指し、これらの異常気象が多発するようになってきたのです。
猛暑に暖冬などという言葉も当初は耳慣れない言葉で、それほど実感のなかったものですが、この数年は毎年のように猛暑による死傷者、
冬による影響などがメディアで報じられるようになりましたね。
本来ならば一年に一度の夏と冬ですので、去年の天気などうろ覚えのはずですが、この数年はそういうわけにはいかず、夏は究極に暑く、は究極に寒くなってきたのです。
これが異常気象といわれているもので、本元は地球の温暖化に原因があったのです。

 <  前の記事 地球温暖化は加速している!?  |  トップページ  |  次の記事 地球温暖化の主な要素とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6699

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。