Top >  地球温暖化とは >  一般人でも出来る二酸化炭素を減らす方法とは

一般人でも出来る二酸化炭素を減らす方法とは

地球温暖化が進行しているなかで、どのようにしたら二酸化炭素を減らすことができるのかが焦点になってきます。
ここで私たち一般人でもできる二酸化炭素のを出さない方法を少し紹介しましょう。
少し手間がかかりますが、決して難しいことではありませんし、実践することでこのかけがえのない地球を守っていけるのだと思えば、やる気もでてくることでしょう。
たとえば、風呂水を洗濯用水として使うことができます。
お風呂上りのついでにお湯を捨ててしまわずに、洗濯用水や植物の水やりに使うとよいでしょう。
あるいはトイレを流すときの水として使うこともオススメします。
少しずつ節約すれば、年間に約7kgの二酸化炭素を削減できるうえ、約4,000円の節約にもなるそうです。
そして、ポットや炊飯器の保温スイッチを切ることで二酸化炭素の排出量を減らすことができます。
お湯を使わない夜中の時間帯や外出時は保温スイッチを切りましょう。
炊飯器でつねに保温状態にするよりも、必要なときに冷たいごはんを出して電子レンジで温めた方が電気の節約になります。
少しずつ節約すれば、年間に約35kgの二酸化炭素を削減できるうえ、約2,000円の節約になるのです。

 <  前の記事 企業などの二酸化炭素の排出量を減らすには  |  トップページ  |  次の記事 民間の地球温暖化対策とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6719

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。