Top >  地球温暖化とは >  二酸化炭素の濃度と温室効果

二酸化炭素の濃度と温室効果

地球温暖化を進行されている主な原因は温室効果ガスだといわれています。
温室ガスには二酸化炭素、メタン、一酸化窒素、フロンなどの気体があり、それぞれれの気体の地球温暖化への影響は、二酸化炭素60%、メタン20%、一酸化二窒素6%、フロン類14%だといわれています。
ここでもおわかりのように、二酸化炭素の排出量がトップを占めていますが、この二酸化炭素というのは主に石油や石炭などの化石燃料を燃焼して排出されるものですので、工業が発展するのにつれて、必然的に二酸化炭素の排出量も多くなっていくのです。
そのため、二酸化炭素の濃度は、産業革命がはじまる前の1750年が280ppmだったのに対して、2005年では379ppmとなり、35%も増加し、その後もスピードを増して二酸化炭素の排出量が増えているのです。
このまま排出量が増加していきますと、2100年頃には産業革命前の1750年と比べて2倍から3倍の二酸化炭素の排出量となってしまうでしょう。

 <  前の記事 経済の発展と温室効果ガスの排出量の関係  |  トップページ  |  次の記事 地球温暖化のメカニズム  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6754

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。