Top >  地球温暖化とは >  地球温暖化対策とは

地球温暖化対策とは

地球温暖化は深刻化する一方で、温暖化に対する緩和策が相次いで打ち出されています。
国レベル、企業レベル、民間レベルでさまざまな活動が行われており、温室効果ガスの抑制政策をはじめ、新材料の開発や、4R活動などが積極的に行われていますが、それでも地球温暖化をうまく抑制することができず、依然として温室効果ガスの排出量は増加しているのです。
しかし、専門家の予測ですと、このまま温室効果ガスの排出量を抑制し続ければ、今後の数十年のあいだで今よりは排出量を減少させることができるといわれています。
世界中の発電発熱、運輸、省エネ、リサイクルなどの分野が活発な動きを見せており、今後の数十年のあいだが肝心なのだといわれているのです。
地球温暖化対策として、最大規模の枠組みの京都議定書に基づいて地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素やメタンなどを先進国における削減率を定めているのです。

 <  前の記事 エネルギーの節約は大切  |  トップページ  |  次の記事 京都議定書と緩和政策  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6761

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。