Top >  地球温暖化とは >  京都議定書と緩和政策

京都議定書と緩和政策

地球温暖化の対策として、現時点で最大規模の枠組みが京都議定書で、京都議定書とは気候変動枠組み条約に基づいて、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素やメタンなどを先進国における削減率を定めて、共同で約束期間内に目標値に達する規定であり、目標を達成する国もあれば、離脱や失敗した国もありますが、現在も続いています。
地球温暖化は大気中にある温室効果ガスの濃度によるものだといわれていますので、その解決策は急がれています。
この地球温暖化に関する対策は、政策をはじめ、さまざまな形で行われていても、まだ現状としては抑制しているとはいえません。
企業や組織をはじめ、個人も含めて力を出し合って、地球温暖化の対策を進めていかなければなりませんが、実際には原価の高騰や、コストがかかるなどで取り組みが難航しています。
さらに、京都議定書などの緩和政策に反対する国もありますが、取り返しのつかないことになる前に、現実から目をそむけずに、私たちが責任をもって地球温暖化を食い止めるようにしていくべきでしょう。

 <  前の記事 地球温暖化対策とは  |  トップページ  |  次の記事 地球温暖化と生態系  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6762

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。