Top >  地球温暖化とは >  地球温暖化の原因

地球温暖化の原因

地球の温暖化が進んでいますが、いったい何が原因で地球温暖化が生じているのでしょうか。
地球温暖化を食い止める前に、私たちは地球温暖化についての知識をもつことが必要です。
地球温暖化とは、温室効果ガスの排出量の急激な増加に主な原因があるといわれています。
この温室効果ガスの排出量の増加は工業革命以来から増加傾向にあり、それはなぜかといいますと、私たち人類の工業産業が地球にやさしくない気体を大量に排出しているからです。
そのなかでも二酸化炭素やメタンガスが最も地球温暖化を促進しているのだといわれています。
さらにむやみな土地開発やエアロゾルの使用なども温室効果ガスを生じるのです。
2007年に国連の気候変動に関する政府間パネルが発行している学術的な第4次評価報告書(AR4)によりますと、90%以上の確率で温室効果ガスが地球温暖化を促進する原因となっているのだといわれています。

 <  前の記事 地球温暖化の歴史  |  トップページ  |  次の記事 京都議定書とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6766

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。