Top >  地球温暖化とは >  森林がなくなってしまったら・・・

森林がなくなってしまったら・・・

あと100年ほど経つと地球から森林はなくなるといわれています。
つまり、私たちが今、目にしている緑豊かな森林は100年後にはなく、私たちの子孫は森林を見ることができないということなのです。
森林は静かに地球上の生物を守っているのです。
森林は地球上の動植物に必要な酸素を作り出し、栄養価の高い水を蓄え、大地を豊かにしているのです。
そして、大地が豊かになったおかげで私たちの食物が育つのです。
その森林を無知の人が乱伐し続けることで、急速に減少しており、森林はなくなってしまうと、もとの姿に戻すことはとても難しくなります。
地球の温暖化を食い止めるためにも森林破壊はあってはならない行為であり、そのためにも私たちが資源の無駄使いをしないように心がけなければなりません。
今からでも遅くはありません。
小さなことからはじめればきっと地球は変わることでしょう。

 <  前の記事 なぜ、森林破壊が起こるのか  |  トップページ  |  次の記事 フロンガスと地球温暖化  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6704

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。