Top >  地球温暖化とは >  フロンガスと地球温暖化

フロンガスと地球温暖化

地球の温暖化を食い止めるにはいろいろな対策が必要ですが、私たち一般人にできることは何かと考えたときに、資源の再利用やゴミを出さないことなどがありますが、このほかのにもいろいろな方法があるのです。
たとえば、オゾン層を破壊する性質をもち、温室効果のあるフロンガスの削減がそのひとつです。
フロンガスをなるべく排出しないことも地球の温暖化を食い止める方法だといえるでしょう。
フロンガスは二酸化炭素の数千倍もの温室効果がるといわれており、主にエアコン、冷蔵庫などの冷却機能に使われています。
だいぶ前からフロンガス自体の使用は禁止されるようになりましたが、それでも古い製品を廃棄する時にはフロンガスが放出されています。
フロンガスは空気よりも重いため、オゾン層に向かって、約20年でオゾン層に届くのだといわれています。
オゾン層は破壊されると、修復することができませんので、フロンガスを排出しないようにしなければなりません。

 <  前の記事 森林がなくなってしまったら・・・  |  トップページ  |  次の記事 オゾン層を破壊するフロンガスとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6705

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。