Top >  地球温暖化とは >  オゾン層を破壊するフロンガスとは

オゾン層を破壊するフロンガスとは

フロンガスはオゾン層を破壊する性質を持つと言われています。
そのため、いまは世界的にフロンガスの使用が禁止されており、その代わりに代替フロンが使われるようになりましたが、オゾン層の破壊効果が比較的弱いというだけで、やはりフロンガスなのです。
1995年以前に購入された冷蔵庫やエアコンはまだフロンガスを排出しますので、新しい製品に買い換えたときには必ず電気店などに引き取ってもらわなければフロンガスが排出される可能性がありますので、注意しましょう。
日本では家電リサイクル法があり、フロンガスが使用されている製品については、リサイクルだけでなく、フロンガスの処理も義務付けられていますし、自動車リサイクル法も同じで、フロンガスが排出されないように、きちんと適切な方法で処理しなければなりません。
私たちにはフロンガスを適切に扱う義務がありますので、必ず守って地球の温暖化を促進させないようにしましょう。

 <  前の記事 フロンガスと地球温暖化  |  トップページ  |  次の記事 地球にやさしい新材料  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6706

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。