Top >  地球温暖化関連 >  地球温暖化の影響と北極圏の冬

地球温暖化の影響と北極圏の冬

北極圏の冬は地球温暖化の影響で短くなってしまったので、氷が溶けやすくなったのです。
北極圏の夏は現在、2週間だけでその他の時間というのはほとんどが冬だということです。
しかし、地球温暖化のもとになる二酸化炭素の濃度が増すにつれて、北極圏の冬も短くなります。
たとえば、二酸化炭素の濃度が2倍に増えますと、北極圏の氷は60%減ってしまうのです。
つまり、北極圏の氷が半分以下になるのです。
WWFでは小グマを連れた母親のホッキョクグマを衛星で追跡調査して、地球温暖化による北極圏の変化の調査研究が進められています。地球の温暖化は私たち人類だけでなく、こういった生態系の動植物にも深刻な影響を与えているのです。
温室効果ガスを排出しないように心がけて、地球の温暖化を緩和する対策を打ち出し、ひとりひとりが活動に取り組み、また知恵を出し合って地球の温暖化を食い止める手立てをするのがベストだといえるのではないでしょうか。

 <  前の記事 深刻化する地球温暖化  |  トップページ  |  次の記事 地球温暖化とホッキョクグマ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6710

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。