Top >  地球温暖化関連 >  地球温暖化とホッキョクグマ

地球温暖化とホッキョクグマ

地球の温暖化は北極圏の氷の厚さでわかるといわれていますが、このごろの北極圏の海に浮かぶ氷の厚さは約40パーセントも減少したそうで、これは地球温暖化は着実に進んでいることを示しています。
そして、北極圏に生息するホッキョクグマの生態も心配されており、なぜならば北極圏でも地球温暖化が進み、氷がものすごいスピードで溶けて、ホッキョクグマが住むのに適した環境が減ってきたからです。
WWFの調査によりますと、ホッキョクグマが生息する北極圏の最南端にある地域、カナダのハドソン湾では、海の氷が一週間早く溶けた場合、そこに生息するホッキョクグマの体重は約10キロも減少するのだといわれており、特にメスの場合は、北極圏の気温が1℃上昇すると体重が22キロも減少するのだそうです。
なぜ地球温暖化でホッキョクグマの体重が減少するのかといいますと、ホッキョクグマは春と秋に北極にある広大な氷の地でほかの動物を捕獲する狩りを行うからなのです。

 <  前の記事 地球温暖化の影響と北極圏の冬  |  トップページ  |  次の記事 なぜ、ホッキョクグマが減少するのか  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6711

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。