Top >  地球温暖化関連 >  北極圏の地球温暖化

北極圏の地球温暖化

地球温暖化は着実に進んでおり、この数年は特に加速し、普段の生活からでも地球温暖化を実感できるようになりましたね。
そして、地球温暖化は世界各地に影響を及ぼし、特に北極圏の被害は著しいのです。
なぜならば、ヒマラヤなどの高山地帯や北極圏において、地球温暖化による気温の上昇率は私たちが住む地域よりも上昇するからです。
いつもは寒い環境だったはずの高山地帯や北極圏で気温が上昇しますと大変なことになるのにもかかわらず、地球温暖化の影響を受けやすいのもこれらの地域なのです。
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次報告書によりますと、20世紀の100年のあいだで、地球の平均気温は約0.74℃も上昇したそうです。さらに、地球の温暖化の影響を受けやすい北極圏ではその2倍の2℃以上も平均気温が上昇したのです。
そのため、北極圏の海上の氷は溶けて、厚さが例年の約40%近くも減少したのです。
北極圏の氷が溶け出すと、生態系にも乱れが出てきて、北極圏で生息する動植物にも影響を及ぼし、ホッキョクグマなどの動物も絶滅の危機に瀕しているのだと聞くと問題はとても深刻だということがわかることでしょう。

 <  前の記事 なぜ、ホッキョクグマが減少するのか  |  トップページ  |  次の記事 ホッキョクグマが絶滅したら・・・  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6713

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。