Top >  地球温暖化関連 >  地球温暖化緩和対策とは

地球温暖化緩和対策とは

炭素プライシングも必要で、これは地球温暖化を緩和させるための法律や条例の策定のことで、たとえば、温室効果ガスの排出にあたる活動に対して直接規制したり、削減する義務を課したりすることで、地球温暖化の緩和につながるのです。
具体的には税金を課したり、排出権の取り引きなどを行うなどの規制方法があります。
また、国際協力活動も大切で、発展途上国の温室効果ガスの排出量も大きなウェイトを占めていますので、発展途上国に対して支援をすることも重要なことです。さらに、一般人にベーシックな知識を植え付けることも大切です。
このような啓発活動が世界中で行われれば地球の温暖化も食い止められるようになるでしょう。
このようにして、地球温暖化を緩和させるためには多くの課題が残されており、世界規模の温室効果ガスの排出量をコントロールする方法を模索中であり、より根本的な対策が必要でしょう。
私たちのような一般人も小さなことからはじめて、地球温暖化の緩和に協力をしましょう。

 <  前の記事 地球温暖化のテクニカル対策  |  トップページ  |  次の記事 具体的な対策とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6758

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。