Top >  地球温暖化関連 >  地球温暖化と異常気象の関係

地球温暖化と異常気象の関係

地球温暖化とは何か・・・。
地球温暖化について簡単にいいますと、地球の気温が上昇していくということなのです。
それでは、何が原因で地球の温暖化が生じるのかといいますと、温室効果ガスの発生が地球温暖化をもたらすのです。
温室効果ガスとは、みなさんもおなじみのフロンガスをはじめ、二酸化炭素やメタンなどがあります。
これらのガスの排出量が増加しすぎた時に異常気象が生じて、地球全体の気温が上昇するのです。
この異常気象は年々増えており、気圧の配置も変化し、さまざまな気象変化が生じています。
たとえば、偏西風の蛇行などは日本にも影響を及んでいますし、アメリカの東部や南東部では海水温が上昇したために竜巻が多発しており
、そして世界的には猛暑と厳冬が続いているのです。
さらに干ばつ、洪水、熱波、集中豪雨、大型台風なども加わり、世界全体が異常気象をきたしているのです。

 <  前の記事 地球温暖化と生態系  |  トップページ  |  次の記事 異常気象と降雨量  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6764

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。