Top >  地球温暖化関連 >  異常気象と降雨量

異常気象と降雨量

異常気象が影響して、降雨量にも変化が生じます。
降水量に変化が生じることによって、平均降水量が全体的に増加傾向にあり、これによって、集中豪雨や干ばつが増えて、熱帯雨林地帯も破壊されつつあるのです。
そして、海水面の上昇も深刻な問題のひとつで、これは何かといいますと、地球温暖化で地球の気温が上昇したことで、北極圏などの氷床や氷河が溶けて、海水面が上昇するのです。
日本の沿岸部を例にしますと、海水面が年に3.3mmも上昇しているのです。
この海水面が上昇することによって、淡水と海水が混じった塩分の少ない汽水域で育つノリ、カキ、アサリなどがなくなる恐れがあり、また、海水面が上昇することで沿岸部の堤防や排水ポンプなどのインフラ施設を整える必要が出てきて、その設備投資で莫大な金額がかかります。
さらに、地下水へ塩分が混入しますので、生活用水をはじめ、工業、農業にも影響を及ぼすのです。

 <  前の記事 地球温暖化と異常気象の関係  |  トップページ  |  次の記事 第4次評価報告書の内容とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6765

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化 環境問題について知ろう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。