Top >  地球温暖化関連読本 >  二酸化炭素と地球環境―利用と処理の可能性 (中公新書 (1505))

二酸化炭素と地球環境―利用と処理の可能性 (中公新書 (1505))

二酸化炭素と地球環境―利用と処理の可能性 (中公新書 (1505))
大前 巌
二酸化炭素と地球環境―利用と処理の可能性 (中公新書 (1505))
定価: ¥ 735
販売価格: ¥ 735
人気ランキング: 246167位
おすすめ度:
発売日: 1999-11
発売元: 中央公論新社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
二酸化炭素と地球環境―利用と処理の可能性 (中公新書 (1505))の詳細を見る

昔は全然本とか読まない人だった私ですが、最近ようやく読書の楽しみがわかってきたような気がします。ジャンルは特に気にしないで色んな本を読んでますね。今読んでいるのは「二酸化炭素と地球環境―利用と処理の可能性 (中公新書 (1505))」。

本ってオモシロイですよね。「二酸化炭素と地球環境―利用と処理の可能性 (中公新書 (1505))」みたいに、特に今の自分と関係ないジャンルの本でも「へぇ~~」って新たな気付きが得られたりして^^!

そう言えば兄が、この「二酸化炭素と地球環境―利用と処理の可能性 (中公新書 (1505))」を読み終わったら貸して欲しいって言ってたけど、こーゆうの興味あるのか~~とチョット複雑な気分です。ま、いいけど・・・。

利点と欠点
二酸化炭素はもともと大気中に存在する物質である。しかも、直接、人体に害を及ぼさない。その性質を利用したドライアイス。使用後に何も残らず、危険も少ないため広く用いられてきた。
しかし、近年、地球温暖化の原因となる“温室効果”が問題視されている。それだけではなく、大量に吸い込むと死に至る。
これだけ問題視されている二酸化炭素を分解・処理しないのには理由がある。非常に安定した物質だからである。不安定な性質の物質であれば、熱を加える・他の物質と反応させることで処理が可能である。二酸化炭素では、これが難しい。そんな二酸化炭素だからこそ引き起こす事例がある。
しばしば、冬に一酸化炭素中毒が話題になる。閉め切った部屋でストーブを燃やし続けることにより二酸化炭素が溜まる。さらに燃やし続けると、部屋から酸素がなくなり、不完全燃焼となる。酸素がなくなり、ストーブからは、二酸化炭素になれない炭素原子が出てくる。
C=炭素原子    O=酸素原子    O2=酸素分子
酸素原子単体では存在できず、大気中では、必ず、酸素分子で存在する。私たちが呼吸しているのも酸素分子。
CO2    CO
C   ⇒ CO   となる。
しかし、一酸化炭素は、炭素原子と酸素原子が一つずつの極めて不安定な物質である。
そこで、人間の血液中のヘモグロビン(酸素を全身に運ぶ働き)と結びつき、酸素を奪い取り、二酸化炭素となる。そして、人間が亡くなってしまう。これが一酸化炭素中毒である。
そのような部屋も換気すれば、大気中の酸素と結びついて二酸化炭素となる。
このような二酸化炭素を減らすために、筆者は植林や海に吸収させることを説明している。また、二酸化炭素を使用した化学商品も提唱している。
けれども、日本の二酸化炭素の残留量の1%の使用にも満たないのが現状である。一番効果的なことはライフスタイルの変化だという。特に、自家用車を使うか使わないかで、最大6倍もの差が出るという。
しかし、二酸化炭素も悪い面ばかりではない。私たちが炭酸水を飲んで爽やかに感じるのには理由がある。それは、体内の二酸化炭素の欠乏を補うからである。大量の二酸化炭素は死に至ることもあるが、適度に必要なのである。
二酸化炭素は、神経、その他の細胞バランスを回復させるのに役立つ。胃の不調を回復し、便秘の緩和剤としても利用されている。
また、二酸化炭素が欠乏すると、過呼吸症候群を引き起こす。過呼吸症候群とは、酸素を吸いすぎて二酸化炭素が欠乏するために、痙攣を起こすものである。
ただ、二酸化炭素を非難するだけではなく、性質を理解したうえで、利用法と対処法を考えていくことが大切だと思う。

二酸化炭素は悪くない
炭素について、温暖化とついつい連動してしまうけれど、炭素に焦点をおいて考えると、新しい形がみえてきそう。

二酸化炭素と地球環境―利用と処理の可能性 (中公新書 (1505))の詳細を見る

 <  前の記事 エネルギー変換工学―地球温暖化の終焉へ向けて  |  トップページ  |  次の記事 気候変動監視レポート―気候変動の動向及び温室効果ガスとオゾン層の状況について (1996)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6453

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。