Top >  地球温暖化関連読本 >  温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)

温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)

温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)

温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)
定価: ¥ 980
販売価格: ¥ 980
人気ランキング: 4739位
おすすめ度:
発売日: 2008-02-07
発売元: 宝島社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)の詳細を見る

先日温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)という本に出会いました。温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)はちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)を読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)を読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)は、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)は読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)はとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)は良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

この際、ウソでもいいのでは!
 今、地球温暖化問題をことさらに主張する人は、問題を煽ることで利益を得る人たちだと思う。リサイクル絡みで大儲けをしている企業、原発を売りたい大企業、規制の強化などで天下り機関を増やしたいお役所、情けないことにそれらに迎合する研究者や大手のマスコミ。彼らに言わせれば、せっかくこの問題がトレンドになったのに、文句を言わずに黙って従ってほしい、ということ。中国やインドで膨大な数のクルマを売りまくっておいて、片やスーパーのレジ袋の削減で温暖化防止に貢献したなど、まったくお笑いぐさだと思う。でもこれが通用するのが、日本という国の良さではないか。

地球御単価問題の入門書
昨今地球温暖化問題が騒がれていますがテレビや新聞ではすでに「地球は温暖化する!のが規定事項のごとく語られていますがそれに何か釈然としない物を感じていました。この本を読めば「本当はどうなの?」という疑問についてのとっかかりを知るには良い本だと思いました。「温暖化はしていない」「温暖化は人類の活動よりも太陽が原因?」「いや温暖化している」など各論が掲載されているので是非読んで自分なりに考える入門書としてはおすすめです。「温暖化は金になる」というというというものに警鐘を鳴らしています。価格も手ごろです。

良い資料です
「地球温暖化」というタームにいつの間にか、みんな無批判で馴らされて
しまっている現在、ちょっと待てよ?と考えてみたい人にはピッタリです。
排出権取引など、ややこしい部分についてかなりページを割いて説明して
いますので、その勉強の入り口としても好適です。

もちろん、この一冊だけで全てを判断してしまうのは愚かですが、まずは
考えるきっかけを作るには、お値段も手頃ですし、ブックレットで読み
やすいのでお奨めです。

温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)の詳細を見る

 <  前の記事 世にも不思議な〈水と装置〉―科学技術の常識では「地球温暖化」を防げません  |  トップページ  |  次の記事 気候変動 +2℃  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6481

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。