Top >  地球温暖化関連読本 >  地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法

地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法

地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法
デヴィッド デ ロスチャイルド
地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法
定価: ¥ 1,200
販売価格: ¥ 1,200
人気ランキング: 151070位
おすすめ度:
発売日: 2007-09-26
発売元: ランダムハウス講談社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法の詳細を見る

地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法はわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法はこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法は読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないので地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法のような本が合うのではないでしょうか?

地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法を読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法は自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法を私はオススメします。あなたの生活に地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法はきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

大人から子供までお薦めです!
Al GORE氏の『不都合な真実』が非常にインパクトのある写真と理論的な文章を展開しているのに対して、本書は非常にコミカルな図とユーモラスな文章で構成されている。

どちらの本がより多くの人々にアクションを起こさせるのかは様々な意見があるだろうが、環境問題を捉える新鮮な切り口として本書は貴重だと言えるだろう。

もし小・中学生が綺麗な絵に惹かれて自然と環境問題や英語の文章に慣れるきっかけに本書がなれば、非常に素敵なことではないだろうか。

ということで、かなり強引であるが、小・中学校の夏休みの読書感想文等の指定図書になれば日本の将来は明るい?かもしれない。

本レビューを見た方が「こんな書評を書かれるくらいだからこの本は読まなくてもいいみたいだ」と言われないために、少々。

77個のソリューションが紹介されており、10番目のソリューションには
「家電製品の待受け(スリープ)状態をなくそう」
が記されている。(英語版からの意訳ですので、本書とは異なる題になっております。)

もし100万軒が家電製品の待受け状態をなくすと、毎年15万トンのCO2の排出が削減できる!という驚きの結果。

もちろん毎日すべての家電製品を完全に電気が入っていない状態にするにはなかなか時間と労力が掛かるだろうが、機械を待たしておく状態は非常にエネルギーを消費させるということなのである。

まあ仕事中でも、上司から「ちょっと待っておいて。」と言われた時は、何もしなくても疲れるということを考えると納得?でしょうか?

地球温暖化 サバイバル ハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法の詳細を見る

 <  前の記事 CO2ダブル―地球温暖化の恐怖  |  トップページ  |  次の記事 環境白書〈平成9年版〉総説  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6440

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。