Top >  地球温暖化関連読本 >  京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)

京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)

京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)
石井 孝明
京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)
定価: ¥ 777
販売価格: ¥ 777
人気ランキング: 166473位
おすすめ度:
発売日: 2004-03-18
発売元: 平凡社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)の詳細を見る

おいおいおい、ちょっと頼むよ~~。。。
「京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)」みたいな本を100円コーナーに置いておくんじゃね~よ~。
・・・と、今回はいきなりブックオフの100円コーナーにキレてみました。

しかも、よくよく見れば、京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)の他にも、京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)の続編みたいなのとか、石井 孝明関連の書籍が投げ売り状態に・・・!

・・・っったくアイツ等ふざけやがって~~。
だいたいにして「いらっしゃいませ、こんにちは~」ってゆう、心が微塵もこもってない、ただ言わされてるだけのセリフを聞いてるだけでサツイがこみ上げてくるぜ(-_-メ)

面白みはないが電車のお供に
京都議定書はついに来月から、約束期間です。果たして実現できるのか?
無理そうです
この本でもいろいろ対策など説明していますが、インパクトに乏しい。
面白みにもかけますが、通勤電車のお供として活用しました

温暖化への危機感がない
最近世界中で起こっている異常気象に危機感を持っています。最新のIPCC報告書を見ると、温暖化による悪影響が懸念されていて、早急な対策が必要だと述べられています。

タイトルを見て、狭い「国益」(日本企業の利益優先)に基づいて書かれている本だと想像がつきました。京都議定書の内容に問題点があるのはそのとおりですが、これから世界全体で対策を進めるための方向性が全く見えませんでした。それは、この作者が環境問題への危機感がないからだと思われます。
「京都議定書をどのように実現できるのか」という観点で本書が書かれていないのはとても残念です。また、この本を読んでも、新しい知識・アイディアは何も得られませんでした。

経産省・経団連の主張の後追い
経産省・経団連の立場で議論を展開しているだけで、内容にオリジナリティがまるで見られない。また、本のタイトルに即してみれば、「京都議定書は実現できない」という結論である。京都議定書が日本の産業界に不利にできており、2013年以降の国際制度は骨抜きに変更すべきだという。
著者の主張で「50%削減」社会の実現が見通せるのだろうか。「現実性」が一つのキーワードになっているが、現状追認ばかりで代替策に結びつく温暖化対策への大きな展望が全く示されていない。環境問題への理解や温暖化対策のあり方を誤解させる愚本である。

京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)の詳細を見る

 <  前の記事 わが家のエコロジー大作戦―子どもの疑問に答える  |  トップページ  |  次の記事 地球温暖化 日本はどうなる?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6501

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。