Top >  地球温暖化関連読本 >  この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)

この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)

この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)

この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)
定価: ¥ 1,995
販売価格: ¥ 1,995
人気ランキング: 12223位
おすすめ度:
発売日: 2008-01
発売元: ニュートンプレス
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)の詳細を見る

先日この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)という本に出会いました。この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)はちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

このこの真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)を読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でもこの真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)を読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)は、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)は読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だからこの真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)はとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)は良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

いかにもNewtonらしい、科学的な視点から徹底的にVisualでわかりやすくした地球温暖化読本
無数のスクリーンを打ち上げて太陽光をカットする、ベーリング海をせき止めて海流を変えて気候を制御する、成層圏に大量のエアロゾルをまいて太陽光を減らす、というアイデアも「地球工学」という分野ではあるそうだ。もちろん、現実的かどうかは別の話しだが。

6章立ての出だしは、他の本でも登場する温暖化の報告。それより先からがだんだんNewtonらしくなってくる。徹底してビジュアルでわかりやすく、そして、あらゆる視点から科学的に説明する。表やグラフも豊富で見やすい。

太陽から受けるエネルギーの変化を地球の公転軌道の変化などから示したミランコビッチ・サイクルの話は興味深かった。また、過去の地球の気温の変化はどうやって調べているのか、温暖化予測のために利用されるスーパー・コンピュータのモデルの説明、温度変化別のシュミレーション結果の説明、CO2削減に貢献すると思われるものの科学的な考察、石油資源の枯渇状況と見通しなどもある。さらには「バイオ燃料とは何か」という詳しい説明もある。この石油の枯渇状況の説明とバイオ燃料に関する説明は、温暖化ということとは切り離しても読む価値がある。

IPCCの温暖化予測に対しては反論もある。それに対しての、温暖化の代表的な研究者であるスティーブン・シュナイダー博士のインタビューでの反論は鋭い。特に、「false positive」 と「false negative」の考え方を持ち出しての説明は説得力があった。

この真実を知るために地球温暖化―全人類に突きつけられた最大の課題 何が起きるのか?どう克服するのか? (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)の詳細を見る

 <  前の記事 地球温暖化防止の市民戦略  |  トップページ  |  次の記事 建設業のグリーン戦略―ゼロエミッションから地球温暖化対策まで (海象ブックレット)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6577

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。