Top >  地球温暖化関連読本 >  ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)

ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)

ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)
鶴田 知佳子
ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)
定価: ¥ 2,205
販売価格: ¥ 2,205
人気ランキング: 3340位
おすすめ度:
発売日: 2008-01-25
発売元: コスモピア
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)の詳細を見る

ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)は隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でもダボス会議で聞く世界の英語(CD付)を読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)の本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)はなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)は「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)はそういう本です。

ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)は内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)の分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)はかなりお得な本になると思いますよ。

聞いてもらえる英語
世界各国からのダボス会議への参加者のスピーチを集めたもの。ネイティブスピーカーだけでないので、英語という面ではさまざまなバックグラウンドのものが聞けるので役に立つ。
CDにスピーチの録音があり、本にはそのトランスクリプト(言いよどみや言い間違い、つまった時のフィラーなども忠実に記録されている)、解説(英語およびスピーチの内容や背景知識)などが含まれる。
ここでのスピーカーの最大の目的は「聞いてもらえること」であるから、そのために何をするべきかを学ぶのには最適である。もちろん、スピーカーの戦略はさまざまだから、話す内容、論理の立て方、文章の表現、用語の選択、そして実際のデリバリーでどのような工夫をするか、そしてそれらをどのように組み合わせるかは千差万別である。読者はスピーチを聞いて、各スピーカーがどの程度それらに成功しているかを評価し、自分が話す時に何をすれば良いかを学ぶことができる。
英語に関していえば、ネイティブスピーカー以外が多いので、どのような特徴をもった話し方をするかを比較できる。実際、日本人が英語を使う場合はネイティブスピーカー以外を相手にすることも多いので、さまざまなバリエーションを聞いて理解できることは大事な能力である。さらに大事なことは、「聞いてもらえる」英語は発音だけの問題ではないという理解だろう。
解説においては「これが世界を動かすリーダーたちだ」といったトーンは注意深く避けられているが、それでもこうしたタイプのスピーカーだけを集めたものは好き嫌いが分かれるかもしれない。
いずれにしても、英語の運用能力を高めたいと考える人には貴重な材料である。今後は、出身国や社会的バックグラウンドもさらに多様化させたものを期待する。

実際的なことがまなべる
鶴田さん、柴田さんのコンビの新しい本がでました。きわめて実践的な内容です。ダボス会議の内容ですので、まさにいま使われている英語です。本書はネイティブでないスピーカーについて取り上げていて、これはとても参考になります。海外に出るといろいろななまりの英語に遭遇するものですし、意思を伝えようという点では、英語が母国語であるなしに関わりなく、どこの国の人でも同じですからね。


高度な内容の英語について世界一周旅行ができる本
本書は共著者による昨年出版の「ダボス会議に学ぶ 世界を動かすトップの英語」の続編で、ダボス会議を素材とした各国要人の発言について、その地域、国における英語の特徴まで触れられています。(もちろん英米豪といった英語が母語の方の分もあります。)ツル先生と柴ちゃんの丁寧な解説、経験に基づくコメントも前著同様ですが、発言内容よりも、「世界の英語」に興味がある方にも充分満足ができるものです。取り上げられた26人のスピーチの一つ一つは比較的短いので、多忙な方や集中力に欠ける時も、コマ切れの時間を利用して取組むことができます。ビジネスでは日本人、中国人、韓国人で話しをする場合でも、それぞれの母語に偏るのでなく、公平性から英語を使うとも聞いていますので、本書で実地訓練をしておきましょう。それにしても序章と終章での日本人、緒方貞子さんのスピーチにはホレボレします。

ダボス会議で聞く世界の英語(CD付)の詳細を見る

 <  前の記事 地球温暖化への挑戦 (環境経済・政策学会年報 (第4号))  |  トップページ  |  次の記事 持続可能な地球をつくるマクロエンジニアリング-トリレンマへの挑戦  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6487

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。