Top >  地球温暖化関連読本 >  森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言

森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言

森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言
三橋 規宏
森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言
定価: ¥ 1,575
販売価格:
人気ランキング: 611029位
おすすめ度:
発売日: 1997-09
発売元: PHP研究所
発送可能時期:
森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言の詳細を見る

先日森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言という本に出会いました。森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言はちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言を読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言を読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言は、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言は読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言はとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言は良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

21世紀は「木」に注目かもしれない
地球温暖化問題、CO2問題の解決策として森の有効活用(植林、木材の有効利用等)を提言しています
素材として、文化として「木」について見直してみると、実は21世紀は木の文化になることが、環境問題の早道なのかも知れません

森とCO2の経済学―地球温暖化対策への新提言の詳細を見る

 <  前の記事 地球温暖化の政治学 (朝日選書)  |  トップページ  |  次の記事 図解 よくわかる排出権取引ビジネス (B&Tブックス)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6533

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。