Top >  地球温暖化関連読本 >  京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯

京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯

京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯
浜中 裕徳
京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯
定価: ¥ 3,990
販売価格: ¥ 3,990
人気ランキング: 70667位
おすすめ度:
発売日: 2006-06
発売元: 慶應義塾大学出版会
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯の詳細を見る

先日京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯という本に出会いました。京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯はちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯を読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯を読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯は、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯は読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯はとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯は良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

多次元方程式を読み解くために
地球温暖化交渉はまさに多次元方程式。日米加を中心とするグループ、EU、ロシアと東欧、途上国、島嶼国、その他のグループと、ざっと挙げただけでも6つの勢力がそれぞれの利害を踏まえた主張を行っています。それらの主張は、どれも各国・各地域の抜き差しならぬ事情によるもの。どれ一つを軽視しても、交渉はまとまりません。

本書では、交渉に参加した環境省職員の方が、日本を含めた各グループの主張の変遷と経緯を丹念に記述しています。締約国会議に至る準備会合や予備交渉の経緯も漏らさず描写されています。ターニングポイントはどこか。誰のどの行動が妥結への足がかりになったか。米国離脱により各国の位置づけはどう変化したか。これらの問いが、丹念な事実描写により語られています。

時に扇情的な記述も混じるルポルタージュではなく、事実に語らせることを主眼においているので、一読して読みづらいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、交渉の現場とは、常に膨大で複雑な事実と難題が錯綜する、地道な作業の場だと言うことが実感できると思います。ですから、読みにくさを理由とした減点はあえてしておりません。

本書を読み、ありのままの国際交渉の現場を追体験しましょう。

現時点でのもっとも効率的なKnowledge Sharingといえるだろう
国際交渉の現場のダイナミズムを描ききっている。しかし、読みこなすには地球温暖化問題の国際交渉に関する基礎知識があることが前提になります。
ある特定のissueに携わっている人にとっては非常に役立つ本です。この観点からすると究極のKnowldge Sharingといえると考えます。このような形で記録しないと残らないことも多々あるのでしょう。日本以外の交渉官はこういったものを、個人のノートなどで整理しているのかもしれないですね。日本の交渉官は官僚なので、通常2年で異動、長くても5年で異動なので、この書籍の役割は非常に重要。
一般受けはしないだろうということで(個人的見解ですが)★一つ減です。

京都議定書をめぐる国際交渉―COP3以降の交渉経緯の詳細を見る

 <  前の記事 気候が変わる―地球温暖化を考える (歴春ふくしま文庫 11)  |  トップページ  |  次の記事 地球温暖化の真実―先端の気候科学でどこまで解明されているか (ウェッジ選書)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6582

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。