Top >  地球温暖化関連読本 >  地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策

地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策

地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策
スティーブン・H. シュナイダー
地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策
定価: ¥ 3,568
販売価格:
人気ランキング: 723311位
おすすめ度:
発売日: 1990-03
発売元: ダイヤモンド社
発送可能時期:
地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策の詳細を見る

地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策はわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策はこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策は読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないので地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策のような本が合うのではないでしょうか?

地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策を読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策は自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策を私はオススメします。あなたの生活に地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策はきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

地球温暖化の議論の基本を学べる本
 "GLOBAL WARMING - Are We Entering The Greenhouse Centruy?"(1989)の翻訳が本書です。「1990年に翻訳として出版された本を現在、読む価値があるか?」ということを多くの人が考えると思います。
 研究のために複雑な事象を単純化してモデル化して研究成果として発表されると、その単純化したモデルがひとり歩きしてしまうというのはよくあることです。著者の「はじめに」で「理論的で詳細な科学的記述を最小限にとどめたのは、?」とありますが、5章(6章も関連する記述有り)までの地球の気候のメカニズムや気候モデルに関する解説は、スーパーコンピュータに支えられるシミュレーション技術が発達した今日も通じることであり、多くの要素がからむ気候モデルの複雑さの一端を理解することに役立ちます。
 「はじめに」で本書の目的として「地球の大気の変化に関して、基本的論点とその政策上の意味あいを、大衆にとってわかりやすいものにすることである」としていますが、6章から8章で紹介される政治やマスメディアにかかわる既に旧聞とも考えられる事例の本質は現在に通じるものであり、反省材料として記憶していく必要があるものと思います。

地球温暖化の時代―気候変化の予測と対策の詳細を見る

トップページ  |  次の記事 いますぐ考えよう!地球温暖化 (3)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6412

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。