Top >  地球温暖化関連読本 >  水を嵩む―地球温暖化のもとでの水資源開発

水を嵩む―地球温暖化のもとでの水資源開発

水を嵩む―地球温暖化のもとでの水資源開発
藤井 利治
水を嵩む―地球温暖化のもとでの水資源開発
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 642650位
おすすめ度:
発売日: 2005-03
発売元: 文芸社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
水を嵩む―地球温暖化のもとでの水資源開発の詳細を見る

たまには実家に帰って両親に顔を見せてやろうかと思う。しかし、田舎というのは超退屈なのだ。本の2~3冊は持ってかないと間が持たない。今回の帰省では「水を嵩む―地球温暖化のもとでの水資源開発」を旅の友とすることにした。

JR上野駅から宇都宮線に乗る。幸い、上野発の列車なので席は座り放題だ。さっそく「水を嵩む―地球温暖化のもとでの水資源開発」を取り出し、本の中に没入するが、馬鹿な子供が私の周囲で嬌声をあげている。いや、嬌声などという生やさしいものではない。

ここは動物園か?と言いたくなるほどの野放しぶりだ。親が見ていない隙に「水を嵩む―地球温暖化のもとでの水資源開発」の表紙の角で奴らの眉間を思いっきりヒットしてやった。

技術者が体験した渇水の経験から・・・
20年間,福岡市水道局で勤務してきた技術者である著者が,水への思いを綴った本.

水の技術者にとってもっとも深刻な事態「渇水」を2度にわたって経験してきた経験から,市民の節水意識がダムを築くのと同じ効果があることを実感を伴って語る.

そのほか,地球温暖化が懸念される今後に置いて,森林の適切な保全を訴えることで水源を確保しようとする意識=「環境を育む涵養ダム」を第二章で,様々な水資源の効率的な利用を促す手段や,安定供給を保証する手段を連携させることで,利水安全度を上げていく意識=「連携で嵩む貯留ダム」を第三章で述べている.

しかし,残念ながら第二章・第三章はこれまでに公表された行政資料などを整理しなおしただけっといった印象が強い.硬い専門用語,数字の羅列が多く,悪く言えば“お役所的”な文章で,非常に読みにくい.


本書は第一章にこそ,福岡における渇水の経験と,その後の具体的な節水対策が現場で携わってきた技術者としての筆者の生の声があり,一読に値する価値を与えいていると思います.

水を嵩む―地球温暖化のもとでの水資源開発の詳細を見る

 <  前の記事 いますぐ考えよう!地球温暖化 (3)  |  トップページ  |  次の記事 省エネ・温暖化対策の処方箋―大気の熱でお風呂を沸かし、冷暖房する「ヒートポンプ」の底力  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6414

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。