Top >  地球温暖化関連読本 >  日本のエネルギー産業―政治経済学の視点から見た規制緩和と環境への影響

日本のエネルギー産業―政治経済学の視点から見た規制緩和と環境への影響

日本のエネルギー産業―政治経済学の視点から見た規制緩和と環境への影響
西村 隆夫
日本のエネルギー産業―政治経済学の視点から見た規制緩和と環境への影響
定価: ¥ 2,415
販売価格: ¥ 2,415
人気ランキング: 862129位
おすすめ度:
発売日: 2002-09
発売元: 同友館
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
日本のエネルギー産業―政治経済学の視点から見た規制緩和と環境への影響の詳細を見る

日本のエネルギー産業―政治経済学の視点から見た規制緩和と環境への影響はお薦めの一冊です。
この世界を極めたいと思うなら是非、一読をお薦めします。

読むほどにこの世界に対する新しい理解が得られること請け合いです。まぁ、私がお薦めする理由もそこにあるのですけど・・・

難しく考えることなく気軽に読めて、それでいて読後のあなたの役に立つこと請け合いです。

レビューを拝見しても総じて評価の高い一冊のようです。あなたの理解を深めるためにも是非とも一読をお薦めするものです。

日本のエネルギー産業―政治経済学の視点から見た規制緩和と環境への影響の詳細を見る

 <  前の記事 家族・住い・地球が長生きできる家―無垢の檜と外断熱で建てる地熱住宅  |  トップページ  |  次の記事 地球があつくなっていく (みんなで考える地球環境シリーズ)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6591

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。