Top >  地球温暖化関連読本 >  幻の水素社会 (ペーパーバックス)

幻の水素社会 (ペーパーバックス)

幻の水素社会 (ペーパーバックス)
藤井 耕一郎
幻の水素社会 (ペーパーバックス)
定価: ¥ 1,000
販売価格: ¥ 1,000
人気ランキング: 476731位
おすすめ度:
発売日: 2005-03-25
発売元: 光文社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
幻の水素社会 (ペーパーバックス)の詳細を見る

幻の水素社会 (ペーパーバックス)はわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
幻の水素社会 (ペーパーバックス)はこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

幻の水素社会 (ペーパーバックス)は読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないので幻の水素社会 (ペーパーバックス)のような本が合うのではないでしょうか?

幻の水素社会 (ペーパーバックス)を読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

幻の水素社会 (ペーパーバックス)は自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、幻の水素社会 (ペーパーバックス)を私はオススメします。あなたの生活に幻の水素社会 (ペーパーバックス)はきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

価値なし
まずは、著者に返品し、購入代金が戻ってくるのであれば、まっさきにでもつき返したい本である。
海外在住のため、タイトルで選んでAmazonで購入するしかないのでしかたがないが、もし、書店で立ち読みして内容を確認していたら、絶対に買わない本。
自分の主義主張を並べ立てるのを止めることはしないが、この手の内容であれば、どこかのブログにでも書いておく程度にして欲しいものである。
言いたいことはある程度わかるし、世の中の主流の考え方、行動様式を疑ってみるのは大切なのかもしれない。
しかし、一番の問題点は、最後の章(おわりに)で、すべての主張が無駄になっているし、主題のまとめであるはずの最終章で、この程度のことしか述べられないよう人の主張に、耳を傾ける必要はない。

時間の無駄
科学的な装いのトンデモ本でした。
筆者が科学的な素養が無いことはすぐわかりましたが、一体何を言いたかったのでしょうか。主義主張が不明で、根拠もありません。
推測と思い込みがほとんどで、新エネルギーに対する知識も貧弱で誤りも多い。
時間の無駄でした。

水素社会提唱のからくり
「水素社会計画」提唱の背景が、南北格差、つまり貧富の固定化に在るとする主張は卓見である。水素社会計画が非現実的であるとする論拠にも説得力がある。そして何よりも、人類の文明を少しでも永続させるには「賢くケチケチ」生きるしかないとする結論は、小生がかねてから信念としているところである。あえて小生なりの言い方をすれば、「乏しきを憂えず、ひとしきからざるを憂えて、人みなひとしく生活水準を下げて生きる」ことのみが生き延びる知恵である。

幻の水素社会 (ペーパーバックス)の詳細を見る

 <  前の記事 気候変動監視レポート〈2000〉世界と日本の気候変動および温室効果ガスとオゾン層の状況について  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6628

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。