Top >  地球温暖化関連読本 >  コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化

コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化

コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化
藤田 紘一郎
コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化
定価: ¥ 1,365
販売価格:
人気ランキング: 337718位
おすすめ度:
発売日: 2002-06
発売元: 朝日新聞社
発送可能時期:
コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化の詳細を見る

コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化正直、期待せずに注文したので、読み進めて驚きました。

様々な本を図書館で借りて読みましたが、この本が一番、内容が濃かったです。
いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。

コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
何人かの友達にもこの本を紹介しましたが、みんなから好評で、感謝された次第です。

この本は、今まで読んだ中で、一番分かりやすかったです。読み始めると、思わず引き込まれて、ついつい、とばさずについ読んでしまう本です。

コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化は、大変わかりやすく書かれていますので、入門書として最適です。
この本に書いてある内容を素直に受け取り、実行しています。今のところ効果はてきめんです。
コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化をぜひ読んでみることをお薦めします。

ゾッとしました
地球温暖化が地球の生態を狂わせ、その結果大規模な絶滅へと向かうと予想している本書は、始まりこそSFチックだが読めば読むほど現実実を帯びてきてぞっとする。
クールビズやウォームビズなんて悠長なことをやってると手遅れになるのではないかと思ってしまう。
チームマイナス6%とか遠回りなことを言うより、本書の内容のような実害をもっと宣伝する方がよっぽど効果があるでしょう。

身の回りに恐怖が潜む
毎度ながら、研究者らしい藤田紘一郎さんのお話しは、一つひとつ頷かずにいられない。
冒頭の、藤田小説。この部分だけで、短編小説になりうる。
まさに、うちは江戸前の寿司だ、とは寿司屋が言えなくなる(東京湾の魚介類を寿司ねたにつかえなくなる)時代がいつか来るだろう。
さて、空中や陸上生物のみならず、海底に生息する人間が未知の生物が、地球温暖化により、人間の生活範囲にその姿を現す可能性がある、と著者は言う。これはちょうど、アフリカで、経済活動のために未開の地に踏み込んだ人間が、未知の病原菌を人間社会に引っぱり出したのと同じだ。
今夏、米国では、蚊を媒介とする脳炎が去年以上に広まっていて、日本の外務省だろうか、米国へ旅行をしようとする日本人に蚊への警戒を促している。
本書にある、成田空港近くに住む、海外渡航の経験のない人が、日本ではこれまで発生のなかった病気を発症した。もしも米国への旅行者が、あるいは米国からの飛行機が、媒介蚊を日本へ連れてきたら、もはや成田空港近辺だけの用心ではすまなくなる。
南太平洋のツバル国の人たちが、温暖化によるであろう海面上昇に遇い、ニュージーランドへの移住を始める。その報道記事をつい、最近読んだ。とうとう、ここまで来たか。
全住民が無事、移住できることを祈る。

コレラが街にやってくる―本当はコワーイ地球温暖化の詳細を見る

 <  前の記事 幻の水素社会 (ペーパーバックス)  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6629

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。