Top >  地球温暖化関連読本 >  地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望して

地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望して

地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望して
高村 ゆかり
地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望して
定価: ¥ 3,901
販売価格:
人気ランキング: 215319位
おすすめ度:
発売日: 2005-11
発売元: 大学図書
発送可能時期:
地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望しての詳細を見る

地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望しては隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でも地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望してを読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望しての本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望してはなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望しては「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望してはそういう本です。

地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望しては内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望しての分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望してはかなりお得な本になると思いますよ。

地球温暖化問題の百科事典的政策提言
タイトルは「交渉の行方」ですが、交渉の経緯をまとめた本と思って読むと、良い意味で期待を裏切られると思います。

第1部と第2部では、地球温暖化の科学的知見、国内外のエネルギー消費動向、技術進歩の動向、決定された制度と今後の影響、国際交渉の論点整理など、幅広い分野がカバーされ、地球温暖化問題の百科事典的様相を呈しています。第4部の国別状況も、同様です。アメリカの州政府や民間レベルの取組には意外に優れたものもあります。知っているといないとでは、彼の国に対する見方が大分違ってしまうのでは。

第3部では、これらの広範な情報と議論を踏まえて、京都議定書以降の国際交渉における政策提言がなされています。実務者の執筆ではなく、アカデミックな立場からの提言ですので、実現性はどうなのかな、と思い、星1つ減点しました。

しかしながら、地球温暖化問題について、これだけ高度で広範な情報が得られる本はなかなかありません。地球温暖化に携わる方は、まず本書を読んで知識を蓄えるべきだと思います。

地球温暖化に関する将来を考えるための知見が満載されています
書名の通りの内容です。地球温暖化問題に関する将来の国際制度を考えるための素材が満載されています。
地球温暖化問題をどのように解決していくかを勉強したい人にお勧めです。
現状に対するニュートラルな視点からの分析、先見の明と言わざるを得ない章立て。
高村+亀山 編著第2弾 
第1弾と同様に数年後にこの構成である必要があったことがじわじわと理解出来ることでしょう。第1弾については、よくあんな昔に今これほど必要とされていることを予見していたのでしょうか?制度設計を大所高所から見る人は違うなぁ と実感。
ただただ感嘆です。

地球温暖化交渉の行方―京都議定書第一約束期間後の国際制度設計を展望しての詳細を見る

 <  前の記事 地球温暖化 日本はどうなる?  |  トップページ  |  次の記事 地球温暖化防止の課題と展望 (龍谷大学社会科学研究所叢書)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6503

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。