Top >  地球温暖化関連読本 >  京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点

京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点

京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点

京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点
定価: ¥ 4,095
販売価格: ¥ 4,095
人気ランキング: 283157位
おすすめ度:
発売日: 2002-06
発売元: 信山社出版
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点の詳細を見る

京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点は、大変わかりやすくまとめられています。文章は結構見やすくて、スラスラ読めました。

この本の内容を実践していただければ、本物だということが実感いただけると思います。
京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点は、健康を願うすべて人が、今すぐ読むべき本といえるでしょう。

この本は読んでいて抵抗なくスンナリ入ってきます。
この本は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点は、本の値段以上の価値があると思います。

京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点は、 しかし、読みすすめていくうちに、思わずハッとさせられます。

この本を読んでいて、これは正しいと思っていたいくつものことが、間違いであったことを認識させられました。
京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点の記述内容を生活の中に取り入れると変化を感じると思います。
人生を変えたくなったら、是非、京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点を手にとってください。 初心者に分かりやすい本です。一読をオススメします。

京都議定書発効 ~地球温暖化問題、京都議定書を学びたい専門家のために~
気候変動枠組条約、京都議定書の制度設計について詳細な解説が加えられている。いよいよ2005.2/16に京都議定書が発効するが、マラケッシュアコードが世に出た3年程前の時点ここまでの分析が加えられている事実に改めて感心するところである。国際交渉が半年ごとに進展を見せるため、京都議定書関係の書籍には賞味期限の短いものが多いが、本書については京都議定書の第一約束期間である2012年、また京都議定書の遵守の結論がでる2015年までは、日本の専門家にとって手放せない本でることは間違いない。
■初学者には向かないかもしれない。法学以外の分野の初学者であれば、新書等の入門書を読んだ上で本書に臨んだ方がいいかもしれない。

今、何が問題となっているのか??
 世界的に注目を集めている京都議定書の発効を控え、その母体である気候変動枠組条約の成立過程から概説し、気候変動問題の推移を時間軸で捉えることができる。また京都議定書自身のいくつかの制度につき、個別に章立てし、詳しい解説がなされている。その際、図や表をふんだんに取り入れ、視覚的にも分かりやすい。
 筆者の目から見た制度上の検討すべき点が随所に提起されており、一読して終わりではなく、国際社会の一構成員として、この問題に対する自分なりの考えを問われる一冊であった。

京都議定書の国際制度―地球温暖化交渉の到達点の詳細を見る

 <  前の記事 2010年日本エネルギー計画―地球温暖化も原発もない未来への選択  |  トップページ  |  次の記事 +6℃ 地球温暖化最悪のシナリオ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6564

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「地球温暖化関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。